HOME
follow me on twitter公式LINE
Method
Home > 学習法 > 発音とリスニングのトレーニング

基礎力養成

Basic 基礎力養成

* 発音とリスニングのトレーニング

* 2015/2/23更新

INDEX

*

* 音単位での発音&リスニングのコツ

前ページでは、センテンス単位での「発音の重要性」についてお話ししましたが、母音や子音単位での知識もとても大切です。

たとえば数年前、私のメルマガで“Could you fax it to me?(それを私 にFAXしていただけますか?”という例文をご紹介したのですが、 ある読者さんより、

「“FAX”という単語は、日本人が発音すると卑猥な言葉に聞こえてしまうので、使わないほうがいいと聞いたのですが……」

というメールをいただきました。
おそらく日本語的な発音だと、fu*ks に聞こえてしまうのだと思います。
「ふぁっくす」ではなく、「ふぇぁ'ーくす」と伸ばして発音すれば大丈夫ですのでご安心くださいw

日本語だと母音は「ア イ ウ エ オ」の5種類しかありませんが、英語にはもっと細かい区別があり、日本語にはない音があるんですよね。

私も以前は、stuff(もの)と staff(スタッフ、職員)、butter(バタ ー)と batter(バッター)の発音の違いが分からなかったため、正しく 発音することも、聞き分けることもできませんでした。 (前述の fuc*s / fax と同じ母音の問題です)

u は何かに気づいたときの「アッ」というような短い音で、 a は口を大きく開いて「ェアー」という感じなんです。

このコツをちょっと知っただけで、きちんと言い分けることも、聞き分けることもできるようになりました! 要するに、発音もリスニングも、「その音を知っているか知らないか」がすべてなんですよね。

上でご紹介したような、分かりやすい発音のポイント解説付きで、楽しくトレーニングができるのが、下記の書籍です。

フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー) ジュミック今井著

メトロノームの軽快な音に合わせて楽しく口ずさんでいるうちに、英語特有の母音・子音が身に付きます♪

<関連記事(English Lab)>
自宅でできる英語発音トレーニング
ゲーム感覚で英語発音トレーニング!